デュオ夢乃 ハワイ大学にて

4月3日から10日の間、デュオ夢乃として、箏・三味線奏者の木村伶香能とともにハワイ大学に招待されました。リサイタルやワークショップなどと通じて、作曲科の先生方や生徒たちと交流する機会を得て、とても充実した1週間となりました。今回の旅では、穏やかなハワイの風土で心身ともにリフレッシュしましたが、やはり地元の皆さまの温かさが一番心に沁みました。

撮影:トーマス・オズボーン

今回のレジデンシ―では、ふたつのリサイタルが企画され、最初のコンサートは大学の先生方による作品に焦点を当てました。ドナルド・ウォーマック氏の A Glinting Edge of Skyトーマス・オズボーン氏の Circles of Light (尺八奏者のクリストファー遙盟氏との三重奏)、そして伊藤琢磨氏の But Beautiful (デュオ委嘱作品・世界初演)を演奏しました。また、それぞれのソロ作品、中能島欣一の「三つの断章」と石黒晶氏の「弦歌三章」にもチャレンジ、大学公演ならでは、密度の濃いコンサートだったのではないでしょうか。先生方による作品は、それぞれの個性が感じられる素晴らしいものでしたが、3曲ともに箏とチェロの音色を魅力的に組み合わせ、どこか淡く儚い世界観が表現されていたのが印象的でした。

二つ目のリサイタルでは、5人の作曲科の生徒たちによる作品を初演しました。ジェームズ・フィナモールさんの「平等院」、トーマス・ゴデーキさんの Turtle and Crane、タイラー・オノさんの The Heart’s Uncertainty、ジェヒョン・リンさんの Buzzy, Busy…, Switchy!アンドリュー・フィルソンさんの From the Mist, I Emerge の5作品でした。日本の楽器のために作曲するのは皆初挑戦と聞いていましたが、それぞれの意気込みが伝わる力作ぞろいで、その情熱に私たちも感激しました。

撮影:トーマス・オズボーン

このふたつのリサイタルを挟んで、生徒たちとのリサイタルやワークショップがあり、それぞれの作品を作曲者とともに深く掘り下げていく作業を楽しみました。もちろん演奏家としての意見を、若い作曲家に伝える貴重な機会でもありましたが、私たちも音楽をつくるうえでの基本的なアプローチの様々を考えさせられ、多くのことを学びました。日本と西洋の楽器のための作品を書いたことにより、学生の皆さんがこれからどのような音楽的成長を遂げて、どのように羽ばたいていくのか、私たちも楽しみに見守っていきたいです。

(左→右) トーマス・オズボーン氏、ドナルド・ウォーマック氏、トーマス・ゴデーキさん、アンドリュー・フィルソンさん、私、木村伶香能、ジェームズ・フィナモールさん、ジェヒョン・リンさん、伊藤琢磨氏

最後に、私たちデュオをハワイ大学に招待して下さった、ドナルド・ウォーマック氏、トーマス・オズボーン氏、伊藤琢磨氏に深く感謝申し上げます。レジデンシ―を通じて出会った皆さまとの充実した時間は、これからも私たちの励みになるでしょう。世界も、音楽もほんの僅かながら前進している、そんな希望を感じさせられた一週間でした。

Duo YUMENO Residency at University of Hawaii

Duo YUMENO, my duo with koto/shamisen performer Yoko Reikano Kimura, had a fruitful week-long residency at the University of Hawaii between April 3 and 10. Of course, being in Hawaii, both the weather and the natural surroundings were beautiful, but the warmth and the kindness of the people really touched us throughout the trip.

Photo by Thomas Osborne

The residency included two recitals. The first included works by the faculty members of U of H – Donald Womack‘s A Glinting Edge of Sky, Thomas Osborne‘s Circles of Light (with Christopher Yohmei Blasdel on shakuhachi) and Takuma Itoh‘s But Beautiful (newly commissioned work by the duo). We also included two solo pieces – Kin’ichi Nakanoshima’s Mittsu no Dansho for koto and Sayaka Ishiguro’s Genka Triptych for cello. Naturally, each ensemble pieces had distinct flavors, but they all had similar traits as well. We were moved by their delicate colors and moods that perfectly balance the characteristics of the cello and the koto.

For the second recital, we performed five world premier duos for koto and cello by five composer students of U of H. The program included; James Finamore’s Byodo-In, Thomas Goedecke‘s Turtle and Crane, Tyler Ono’s The Heart’s Uncertainty, Lim Jae-Hyun’s Buzzy, Busy…, Switchy! and Andrew Filson‘s From the Mist, I Emerge. We were very honored to have talented composers write such adventurous and heartfelt pieces for us. It was the first time for all composers to write music for a non-Western instrument, and their dedication was apparent through their music.

Photo by Thomas Osborne

Between the two recitals, we had a chance to work with the student composers and exchanged ideas. It was a great learning experience for us because we had to examine fundamental questions about our music making. How can we use our instruments to effectively convey our thoughts and emotions through music? What approach should Western classical composer take when composing for traditional Japanese instruments such as the koto? In any case, we sincerely hope that this is just the beginning for these young composers to write music for groups like us and looking forward to hearing more new works from them.

(L to R) Thomas Osborne, Donald Womack, Thomas Goedecke, Andrew Filson, me, Yoko Reikano Kimura, James Finamore, Lim Jae-Hyun, Takuma Itoh

Yoko and I would like to thank Donald Womack, Thomas Osborne and Takuma Itoh for inviting us to Hawaii and giving us the pleasure to have this invaluable experience. We will surely treasure this memory for many years to come.

2018年を迎えて

明けましておめでとうございます。

2017年は特に大きな変化はありませんでしたが、いくつかの小さく、確かなステップを前へ進むことのできた1年かもしれません。9月にコンテンポラリー作品を精力的に演奏することで知られる、アルバニー交響楽団のチェロセクションに入団し、デュオ夢乃では4月に、全米桜祭りにフィーチャーされ、ジョンFケネディーセンターでリサイタルを開催いたしました。

昨年1年を振り返ると、アメリカでも日本でも、人びとが政治的・社会的に分断されていた状況が、さらに悪化の一途をたどったように思います。そんな中、私は2月に聴くことのできたジョルディ・サヴァール氏率いる、エスペリオンXXIのコンサートで勇気づけられ、残りの1年をポジティブに乗り切ることができたように感じられます。このベネチア共和国の音楽を特集した公演では、西洋音楽、中東音楽の演奏家や歌手が30-40人ほど出演し、ベネチアの様々な文化的背景を踏まえつつ、豊かな音楽が花開いた歴史がスリリングにひもとかれました。

アンコールでは出演者一同により、ベートヴェン交響曲5番のフィナーレが高らかに演奏され、拍手の鳴りやまぬ中、観客に向かいサヴァール氏は「私は世界市民です」と語りかけました。このとき、観客の多くは1月下旬にアメリカで発令されたばかりのイスラム教7か国の入国禁止令が頭をよぎったはずです。サヴァール氏は、「今日のステージにはイラク人、シリア人のほか、多くの国からの演奏家が並んでいます。今は私たちにとって辛い時代です。しかし、emotion(感情)、memory(記憶)、sensitivity(繊細さ)を失くしてはいけません。私たちはもっと繊細であるべきです。」と続け、満場の喝采を浴びました。

昨年を通じ、私は何度もこの言葉を思い出し、この三つの要素は素晴らしい音楽には不可欠であると確信しました。そしてこれはそのまま私たちの生き方にも関わる大切なことであると教えられ、感動を新たにしました。あまりにも自明のことで忘れられがちなことかもしれませんが、2018年もこの三つの言葉を胸に音楽を奏で、世界を少しでもより良い場所にすることができれば、と願う新年です。

皆様もemotion、memory、sensitivityに彩られた素敵な1年を過ごすことができますように。

Happy 2018!

I did not have any dramatic change in 2017, but it was definitely a step forward in the same direction. I became a member of the Albany Symphony Orchestra’s cello section in September, which is exciting for me because they are known to champion contemporary music. Duo YUMENO was featured at the National Cherry Blossom Festival and performed at the John F Kennedy Center’s Millennium Stage. This year, I hope that I can announce more events that reflect “step forward” in my musical life.

When I look back on 2017, I cannot help but to think how deeply divided we have become – both in the US and Japan – at how we view the world. But, I was fortunate to find hope at a concert performed by Jordi Savall and Hespèrion XXI in February. Savall assembled a orchestra of musicians, both in the European and Middle Eastern tradition, and presented a beautiful program that highlighted the rich and multi-cultural music of the Republic of Venice.

After concluding the program with a triumphant rendition of the final movement of Beethoven’s Fifth Symphony, Savall spoke to the audience, saying, “I’m a citizen of the world.” At this point, most of the audience members were reminded of the recent Muslim travel ban that was issued in late-January. He continued, “Today on stage, we have musicians from Iraq, Syria and many other countries. I know it’s a difficult time, but we must continue to value our emotion, memory and sensitivity. We must be very sensitive…”

Throughout 2017, I was reminded of Savall’s words and how music that affects me the most cherish all three values – emotion, memory and sensitivity. I was also encouraged to know that music can be relevant in these trying times and promote these virtues that can make the world a better place. I hope to live by these values throughout 2018 and the rest of my life.

May these values enrich your life, too!

2017 National Cherry Blossom Festival

Photo by Shoji Kawabata

On April 1, Duo YUMENO performed at the National Cherry Blossom Festival in Washington DC. This performance at the Kennedy Center’s Millennium Stage was a milestone for us because in 2008, we first performed together at Fort Wayne’s Cherry Blossom Festival.

As Japanese musicians, cherry blossoms continue to hold a special place in our hearts, and it was magnificent to see so many cherry trees at the Tidal Basin as symbols of friendship between Japan and the US.

This concert featured the world premier of Daron Hagen’s “Misterioso,” which is based on The Tale of Heike, as well as two songs related to the flower: Yamada Kengyo’s “Cherry Blossom Viewing” and “Sakura Sakura.” We were moved to have a full-house audience, but it gave us an incredible feeling when we had the whole audience sing “Sakura Sakura” both in Japanese and English.

It was also an honor to have Ms. Alicia Adams, Kennedy Center’s VP of International Programming and Minister Tamaki Tsukada at Embassy of Japan, who is also the director of Japan Information and Culture Center, to give short remarks prior to our performance. We are also grateful to the staff members at Embassy of Japan and Kennedy Center who worked tirelessly to make this event successful.

Also, I would like to thank Ayumi Ishiyama for making this gorgeous jacket for me!

2017年の近況

2017年の世界情勢は、もう既に目まぐるしく変化していますが、何はともあれ、今年に入ってからの私の近況をお伝えします。

1月8日に木村伶香能の三味線リサイタルにて、佐藤容子さんの「Not a Single Cloud Exists」を弾きました。木村は三味線コンチェルトを2曲も演奏するなど、自身の限界に挑戦した感がありました。そういった緊張感、演奏家の誠実さの伝わるコンサートに参加することができ、誇らしく思います。

同じ月には、ナショナルオペラセンター・アメリカ主催による、新作オペラの発表会があり、エリック・オクスナーさん指揮のもと、SONOS室内管弦楽団の一員として参加させていただきました。抜粋ではありましたが、5つの新しい作品が発表され、オペラの世界の活力に触れた思いでした。チェロセクションのメンバーとの交流も楽しかった!

デュオ夢乃としては、1月22日にコネチカット州フェアフィールドの日本協会の新年会で演奏をいたしました。一昨年に続き、2度目の出演でしたが、メンバーの皆様の歓迎を受け、和やかで心温まる会となりました。

Photo: Marco Borggreve

カーネギーホールにて聴いたジャン=ギアン・ケラス(チェロ)とアレクサンダー・メルニコフ(ピアノ)のリサイタルが素晴らしかったです。ベートーベンのチェロソナタ第3番やショパンのチェロソナタなどを演奏しましたが、チェロの音色の多彩さに圧倒されました。表現の幅の拡がりという点においては、現役チェリストでも、随一ではないかと思います。演奏家はもっと果敢に冒険をしなければならない、と勇気づけられる思いでした。

『沈黙』マーティン・スコセッシ監督

長すぎるといった不満もなくはないものの、俳優たちの素晴らしさ、丹念に構築されたイメージと音響、そして深い思索に満ちた内容に感銘を受けました。ハリウッドの監督が日本を舞台にした映画を撮ると、気負いすぎたり(『ラストサムライ』)、日本人から見るとシュールになったりしますが(『47RONIN』)、スコセッシは趣味がいいというか、かつての日本映画へのリスペクトをはらいつつ、自身のテーマを追求していて、好感を持ちました。

Welcome to 2017

It feels like a lot has happened since my last post, but here are some of the highlights.

I performed “Not a Singe Cloud Exists” by Yoko Sato at Yoko Reikano Kimura’s shamisen recital on January 8. Yoko worked very hard for this recital and sounded fabulous. I was so proud to be part of this concert.

It was also great to be part of New Opera Showcase 2017 – an event presented by The National Opera Center America – with the SONOS Chamber Orchestra under the baton of Erik Ochsner. We had such fun in the cello section too!

Duo YUMENO performed at the new years party of the Japan Society of Fairfield County, CT on Jan 22. This was our second performance at the Japan Society, but we already feel like we are part of this wonderful community.

Photo: Marco Borggreve

Jean-Guihen Queyras and Alexander Melnikov’s recital at Carnegie Hall was simply magnificent. They performed Beethoven’s A Major Sonata, Chopin’s Cello Sonata among others. Queyras was able to bring out so many beautiful colors from his instrument, and his playing made me realized that there is so much more to explore in my music making. The possibilities are infinite.  So inspiring!

Silence (2016)

I didn’t expect much from Martin Scorsese’s latest film, Silence, but was moved by the strong performances of wonderful actors, powerful images (and the incredibly subtle sound designs) and the complexity of its themes. As a Japanese, I can assert that this is one of the most evenhanded and honest depiction of Japanese people and culture in a mainstream Hollywood film.

感謝祭2016!

今日はアメリカの感謝祭連休、最後の日でした。木曜日からずっとお休みで、家族で集まったり、ショッピングなどでにぎわう週末でした。

unnamed

しばらく前になりますが、ニューヨーク仏教会にて10月16日にデュオ夢乃リサイタルを開催し、無事に終えることができました。コンサートにお越し下さった皆様、ありがとうございました!

fullsizerender-1

コネチカット州にてデュオで演奏する機会も幾つかあり、紅葉の美しい季節とも重なって、印象に残りました。10月18日にグリニッジ歴史協会、11月7日にリバーサイド小学校、11月19日にエッジヒル・シニア・コミュニティーにて演奏しました。

15037309_1277002565654266_8468670559425813018_n

オーケストラのお仕事では、11月12日にノースイースタン・ペンシルバニア・フィルハーモニーのチェロセクションで弾かせていただいたコンサートが、特に印象的でした。

ヤナーチェクの『イェヌーファ』

ヤナーチェクの『イェヌーファ』

メトロポリタン歌劇場で『トリスタンとイゾルデ』とヤナーチェクの『イェヌーファ』を観劇する機会もあり、共に感銘を受けましたが、特に後者のあまりの素晴らしさには驚愕。もっとヤナーチェクのオペラを観なければ!

『飢餓海峡』内田吐夢監督

『飢餓海峡』内田吐夢監督

MoMAで開催された内田吐夢特集にて『森と湖のまつり』、『飢餓海峡』、『限りなき前進』の3本を観ることができました。内田監督のフィルモグラフィーの全貌がつかみきれていないので、もっといろいろ観たかったのですが…。

11月8日には、歴史的な大統領選挙もありました。これからどうなるか分かりませんが、前に進むしかないですね。共に助け合って、よりよい世界を作っていきましょう!

Happy Thanksgiving 2016!

unnamed

It’s been a while since my last post in October, but Duo YUMENO’s recital at New York Buddhist Church on 10/16 was a success, and we would like to thank everyone who attended the concert!

fullsizerender-1

We also had some memorable performances in the beautiful state of Connecticut, such as our recital at Greenwich Historical Society (10/18), performance/demonstration at Riverside Elementary School (11/7) and a recital at Edgehill Senior Community in Stamford (11/19).

15037309_1277002565654266_8468670559425813018_n

As far as performance with orchestra goes, I had a wonderful time being part of Northeastern Pennsylvania Philharmonic’s cello section on November 12. It was a great privilege working with Maestro Lawrence Loh and soloist Arnaud Sussmann.

Janufa by Leos Janacek

Yoko and I had a chance to catch Wagner’s “Tristan and Isolde” and Janacek’s “Janufa” at the Metropolitan Opera. Both performances were powerful and moving. “Janufa” especially was a revelation.

Kiga Kaikyo / Straits of Hunger (1964)

A retrospective of Japanese film director, Tomu Uchida was held at MoMA, and I had a chance to see “Mori to Mizuumi no Matsuri,” “Kiga Kaikyo” and “Kagirinaki Zenshin.” Most of Uchida’s works are rarely shown even in Japan, but it was great to catch even a glimpse of his rich filmography.

And of course, who could forget the historic presidential election on 11/8!? No matter what happens from now on, we must try hard to move forward. Let’s make this world a better place for all of us.