山の音(1954)

vlcsnap-00002 vlcsnap-00003

成瀬の女性を見る目は厳しいですが、日本社会に生きる様々な女性たちに寄り添うようにして撮られた作品のように思えました。俳優たちの視線の演技、特に原節子のそれが素晴らしいです。この作品における成瀬は、最終的に俳優たちの顔に全てを賭けていることに感動しました。俳優=人間の存在をどこまで伝えることができるのか、そこに感動の本質があるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です