デュオ夢乃 ハワイ大学にて

4月3日から10日の間、デュオ夢乃として、箏・三味線奏者の木村伶香能とともにハワイ大学に招待されました。リサイタルやワークショップなどと通じて、作曲科の先生方や生徒たちと交流する機会を得て、とても充実した1週間となりました。今回の旅では、穏やかなハワイの風土で心身ともにリフレッシュしましたが、やはり地元の皆さまの温かさが一番心に沁みました。

撮影:トーマス・オズボーン

今回のレジデンシ―では、ふたつのリサイタルが企画され、最初のコンサートは大学の先生方による作品に焦点を当てました。ドナルド・ウォーマック氏の A Glinting Edge of Skyトーマス・オズボーン氏の Circles of Light (尺八奏者のクリストファー遙盟氏との三重奏)、そして伊藤琢磨氏の But Beautiful (デュオ委嘱作品・世界初演)を演奏しました。また、それぞれのソロ作品、中能島欣一の「三つの断章」と石黒晶氏の「弦歌三章」にもチャレンジ、大学公演ならでは、密度の濃いコンサートだったのではないでしょうか。先生方による作品は、それぞれの個性が感じられる素晴らしいものでしたが、3曲ともに箏とチェロの音色を魅力的に組み合わせ、どこか淡く儚い世界観が表現されていたのが印象的でした。

二つ目のリサイタルでは、5人の作曲科の生徒たちによる作品を初演しました。ジェームズ・フィナモールさんの「平等院」、トーマス・ゴデーキさんの Turtle and Crane、タイラー・オノさんの The Heart’s Uncertainty、ジェヒョン・リンさんの Buzzy, Busy…, Switchy!アンドリュー・フィルソンさんの From the Mist, I Emerge の5作品でした。日本の楽器のために作曲するのは皆初挑戦と聞いていましたが、それぞれの意気込みが伝わる力作ぞろいで、その情熱に私たちも感激しました。

撮影:トーマス・オズボーン

このふたつのリサイタルを挟んで、生徒たちとのリサイタルやワークショップがあり、それぞれの作品を作曲者とともに深く掘り下げていく作業を楽しみました。もちろん演奏家としての意見を、若い作曲家に伝える貴重な機会でもありましたが、私たちも音楽をつくるうえでの基本的なアプローチの様々を考えさせられ、多くのことを学びました。日本と西洋の楽器のための作品を書いたことにより、学生の皆さんがこれからどのような音楽的成長を遂げて、どのように羽ばたいていくのか、私たちも楽しみに見守っていきたいです。

(左→右) トーマス・オズボーン氏、ドナルド・ウォーマック氏、トーマス・ゴデーキさん、アンドリュー・フィルソンさん、私、木村伶香能、ジェームズ・フィナモールさん、ジェヒョン・リンさん、伊藤琢磨氏

最後に、私たちデュオをハワイ大学に招待して下さった、ドナルド・ウォーマック氏、トーマス・オズボーン氏、伊藤琢磨氏に深く感謝申し上げます。レジデンシ―を通じて出会った皆さまとの充実した時間は、これからも私たちの励みになるでしょう。世界も、音楽もほんの僅かながら前進している、そんな希望を感じさせられた一週間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です