2017年の近況

2017年の世界情勢は、もう既に目まぐるしく変化していますが、何はともあれ、今年に入ってからの私の近況をお伝えします。

1月8日に木村伶香能の三味線リサイタルにて、佐藤容子さんの「Not a Single Cloud Exists」を弾きました。木村は三味線コンチェルトを2曲も演奏するなど、自身の限界に挑戦した感がありました。そういった緊張感、演奏家の誠実さの伝わるコンサートに参加することができ、誇らしく思います。

同じ月には、ナショナルオペラセンター・アメリカ主催による、新作オペラの発表会があり、エリック・オクスナーさん指揮のもと、SONOS室内管弦楽団の一員として参加させていただきました。抜粋ではありましたが、5つの新しい作品が発表され、オペラの世界の活力に触れた思いでした。チェロセクションのメンバーとの交流も楽しかった!

デュオ夢乃としては、1月22日にコネチカット州フェアフィールドの日本協会の新年会で演奏をいたしました。一昨年に続き、2度目の出演でしたが、メンバーの皆様の歓迎を受け、和やかで心温まる会となりました。

Photo: Marco Borggreve

カーネギーホールにて聴いたジャン=ギアン・ケラス(チェロ)とアレクサンダー・メルニコフ(ピアノ)のリサイタルが素晴らしかったです。ベートーベンのチェロソナタ第3番やショパンのチェロソナタなどを演奏しましたが、チェロの音色の多彩さに圧倒されました。表現の幅の拡がりという点においては、現役チェリストでも、随一ではないかと思います。演奏家はもっと果敢に冒険をしなければならない、と勇気づけられる思いでした。

『沈黙』マーティン・スコセッシ監督

長すぎるといった不満もなくはないものの、俳優たちの素晴らしさ、丹念に構築されたイメージと音響、そして深い思索に満ちた内容に感銘を受けました。ハリウッドの監督が日本を舞台にした映画を撮ると、気負いすぎたり(『ラストサムライ』)、日本人から見るとシュールになったりしますが(『47RONIN』)、スコセッシは趣味がいいというか、かつての日本映画へのリスペクトをはらいつつ、自身のテーマを追求していて、好感を持ちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です